スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

美容系

ブルガリアはバラの国。ブルガリアに来る前はさぞバラ製品があふれているのだろう、と思っていた。
が来た見たら、・・・全然日本の方が充実していた。
でもちょっとした土産物やさんや品揃えがいい薬局にはバラ製品も若干あるにはある。
DSC_0802bansko_20081215203847.jpg
こんなシャンプーやヘアパックなど。この製品は天然なばらの香りでなかなかよかった。でも気をつけないと人口香料入りのも結構出回ってる。そうそうローズウォーターはさすがにピュアなのがとても安く手に入る。これは常備して化粧水として使っている。どこの会社もパッケージがどうもいけてないけど、まぁ、そこは目をつむる。
ブルガリアはラベンダーの栽培、オイルの製品化も盛んなようで。バラと並んでラベンダーもある。
DSC_0042lavender_20081215173349.jpg
これは天然の香りが気に入って買ったラベンダーシャンプー。パッケージが相変わらずいけてない。シールが紙製なので風呂場で濡れると印刷が剥げ落ち紙シールがぶよぶよに。まぁ、洗い上がりさわやかでシャンプー自体はいいのでこの辺はやっぱり目をつむる。ちなみにこのシャンプー、パッケージにFor Menと印刷されていた。Sebo Regulatingというのは皮脂調整ということらしい。気づいたのは大分たってから。まぁいいや。

ブルガリアハーブじゃないけど・・・
DSC_0048skincare_20081215173545.jpg
ここしばらく愛用しているルイボスシリーズ。こっくりしていてしっかり潤うので乾燥肌の私にはぴったり。リムーバー、化粧水、デイクリーム、ナイトクリーム、アイクリーム、どれも敏感肌仕様。使用感も気に入っているけどお値段はもっと気に入ってる。デイクリームなんて5レバ(300円)とかそんなもん。
ハンドクリームとしては薬局でおいているIkarovシリーズのシアバターやアボカドオイルを使用。5,60mlほど入ってどっちも2レバとか。混ぜ物がなくて天然物で使用感がいい。本当に乾いているときはシアバターを顔に塗る。潤うよ。
スポンサーサイト
05:46 | Herb ハーブ | comments (6) | edit | page top↑

ハーブの国

ブルガリアで思うのは、ここは本当にハーブの国ということ。料理にも、お茶としても、薬としても、美容にも、本当にハーブをよく使う。料理に合わせたハーブを使うのは常識。お肉にはこのハーブ、魚にはこのハーブと誰に聞いても自在に出てくるハーブの名前たち。これが年配女性になるとハーブの知識が更にパワーアップしている。こういう症状の時はこのハーブに何を混ぜて飲むといい、といったハーブ療法の知識があふれている。おばあちゃんがいるところでちょっとでも「喉が痛くて」とか「お腹が下って・・・」と言おうものならすかさず、「これこれのハーブティにハチミツとレモンを入れて飲みなさい」という助言が飛んでくる。次会うときには実際ハーブを持ってきてくれることもしばしば。
という訳で、ちょっと前に喉から来る風邪を引いていた私にトンカおばあちゃんがくれたのは・・・
DSC_0040bilka.jpg
жълт кантарион(ジョルト カンタリオン)、セント・ジョーンズワート
DSC_0043bilka.jpg
おばあちゃんの指示通り蜂蜜入れて飲んでみた。そのままだと苦いですが、ハチミツ入れると飲みやすい。あ、ブルガリア、ハチミツの国でもあります。純ハチミツが安価で売ってます。大抵自家採取したハチミツを道で売っている農家の人から直接買えます。大きな瓶で5レバから10レバ位で。
喉風邪の次は(多分)ウィルス性の激しいお腹急降下の風邪を引き・・・数日ダウン。
その時イヴァンカおばあちゃんが貸してくれたのは・・・
DSC_0044bilka.jpg
新聞のハーブの効能を載せた記事の切り抜きの束!え~ん、大事な資料を貸してくれたのは嬉しいんだけど、いっぱいありすぎてどれがいいのか分からない~プラス、読んでもブル語じゃやっぱりよく分からない~涙。一つの症状にもありとあらゆる療法が載っているのが嬉しいようで困るところ。でもおばあちゃんの優しい気遣いには感謝です。
DSC_0046bilka.jpg
ちょっと関心があるのはこれかな?亜麻の実(種)とかも使う。この間乾燥ハーブ類が充実したお店を見つけたのでそこで買ってみようかな。




21:11 | Herb ハーブ | comments (4) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。