スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

世界遺産ネセバルへ。パート?

続けて。Tちゃん滞在中に行った世界遺産のネセバル編。
ブルガスから車で30分位北上したところにある小島です。コーズウェイで本土から繋がっているので車でらくらく上陸できます。駐車場も完備。一時間2レバとしっかり観光地価格ですけど、それでも日本に比べたらまだまだ安いかな?オット見て「ジャッキーチェンの家族?似てるよ」とカンフーのポーズとる黒いサングラスにスキンヘッドのごついお兄さんがいました(笑)似てないだろ。
島上陸後すぐに世界遺産で○ンチしたTOMBI。世界遺産で踏ん張れる犬もそう多くはいないと思うよ、TOMBI(笑)。
20070927192257.jpg
皆お腹空いていたのでまずは海が見渡せる丘の上のオープンレストランで。こっちでは夏場はどこのレストランも外席が充実しているのでTOMBIも一緒に入れて嬉しい。TOMBIも静かに行きかう人を眺めたりして待っていてくれます。でも時々注目してほしくなるとこの顔で「ぴ~」と鳴いて抱っこ要求(汗)。ここでは私はブルの焼き物に入ったシチュー、『カヴァルマ』を注文。出てきて一口食べたらお肉の中心がまだ冷たい。ウェイトレス捕まえて「トヴァエ ストゥデノ!イスカム ポ-ゴレシト!!(これ冷たい。もっと熱いのが欲しい)」と日常会話で多用するお得意のお天気用語『暑い』と『寒い』をここで活用してみた。これで合っているのかは??だけど、ウェイトレス申し訳無さそうな顔して温め直してくれたので良しとしよ。冷たいシチューは勘弁しておくれ、ブルよ。
20070930025052.jpg
ゆ~っくり食事した後はネセバルをゆる~りと散歩。中心にある遺跡の周りにはお土産やさんがひしめいていて。ブルガスなどではあまり見かけないアンティークキリム屋さんがあったり。
DSC_0125kilim.jpg
これ、模様がかわいくて気に入った。but値段がかわいくない~。1000レバとかそんな。ブルガリアの雑貨でこの単位のものって存在したんだ(笑)。
20070927192326.jpg
ブルガリア北西部の陶器の街から。色使いが鮮やかで素敵。気に入ったのがあったんだけど、小さいボール一つに3000円以上払う気にはなれませんで。いつかご当地行って現地格安で買ってやるぅと腹に決めてその場を去る。
20070927192336.jpg
おかしな看板。何故謝る?値段設定高いこと認識してる?(笑)
20070927192346.jpg
こちらおばあちゃん達がよくレース編みをしてます。作品が軒先に並んで素敵な景色。
20070927192401.jpg
器量良しの月桂樹君。
DSC_0140teruchanandwhitepoodle.jpg
ネセバルで見つけた白プードルを撮影のTちゃん。日本で待つ愛娘ポピちゃんを思い出しているかな?

続きは第二段へ。
スポンサーサイト
03:36 | Traveling 旅行 | comments (2) | edit | page top↑

ソゾポルそぞろ歩き

尋ねて来てくれた友人Tちゃんと一緒に行ったソゾポルで。Tちゃんが撮ってくれました。そういえばこういう3ショットの写真ってほとんど持っていなかったなぁ。
IMG_5561sozopolabesback.jpg
ソゾポル旧市街を望む対岸絶壁から。この日は海が青かった。
IMG_5569sozopolsozoroaruki.jpg
日が昇るとどんどん気温が上がる~。旧市街ソゾポルをそぞろ歩き。
IMG_5578sozopolabesthree.jpg
以前カフェが出ていたスポットからカフェはもう撤退していたの。残念。着実に秋が深まっている証拠。海沿いのレストランで三人と一匹でランチしました。ブルガリアとはいえ観光地はやはり値段が高い!皿代も含まれていてびっくり。ありえないでしょ。
02:27 | Traveling 旅行 | comments (4) | edit | page top↑

TOMBIが好きな人

むうちえさんと食卓囲んだ時。私達のブル語の先生の友人ガーリアと娘のツベちゃんも一緒でした。どうもTOMBIはガーリアが好きな模様。
tombilikesgaliya2.jpg
スーパーシャイ男なんです。っていうか来客にびびり過ぎ。だから生TOMBIを知っている人はTOMBIのこんな姿珍しいと思うかも↓。
tombilikesgaliya1.jpg
「あのね、あのね。コショコショ」 まるで内緒話しているみたい。
tombilikesgaliya3.jpg
でガーリアの横にぴったり寄り添ってくつろぐ。
彼女も犬好きなんですが、(以前ジャーマンシェパードを大事にしていたそうな)自分から犬に積極的に働きかけないでゆったり座っているのでTOMBIも安心するみたい。ガーリアはTOMBIが自分から近づいていく数少ない人間(笑)。
19:53 | TOMBI | comments (8) | edit | page top↑

もうすっかり秋よ。

ご無沙汰しておりました。アップがない間もチェックに来てくれていた皆様、ありがとうございます。先週から二連ちゃんで来客があり忙しくも充実した日々を送っておりまして、すっかりアップができないでいましたがTOMBI家元気にしています。まずはブル在住の大先輩友人むうちえさんが来てくれて、その後彼らと入れ違いで今度は東欧出張の後にブルガスまで足を伸ばしてくれた友人Tちゃんが滞在してくれたのでした。日本から沢山の救済物資を持って(嬉涙)。
tombiandancher2.jpg
その時の様子はまたゆっくりアップするとします。とりあえずTちゃんと行ったソゾポルの街でTOMBIの笑顔をお届け(笑)
sozopolmichitombi.jpg
オフの時はナチュラルヘアー(過ぎ)なオットです。こっち来てからは私が髪を切ってますが硬い毛質の彼の髪は飛んできて顔に刺さって痛いです。あ、関係なかったですね。こちらソゾポルのビーチと旧市街を望む高台から。もう吹く風も涼しく秋色なこの辺りですが、まだ日光が出ているときは海水浴もありなようです。結構泳いでいます。
tombipopikoomiai.jpg
Tちゃん滞在中は日本で待っているTちゃん妻とんちゃんと彼らの4ヶ月になる愛娘白プーのポピ子とスカイプで対話。こちらはTOMBIとポピちゃんのお見合い風景。ポピちゃんが持っているぬいぐるみの名前は『とんびちゃん』なんだって。ポピ子のお気に入りだそうで、咥えてぶんぶん振り回してました(笑)。かわいいなぁ。実際会えたらTOMBI大喜びだろうなぁ。
大切な友人達と時間を過ごせてまた頑張って行くエネルギーをもらえました!ありがとう!!
17:25 | Event イベント | comments (6) | edit | page top↑

イチヂク狩り

先日友人家族の案内でソゾポルの外れの野原にイチヂク摘みに行ってきました。
DSCN1852smokinyapicking.jpg
こんなような原っぱを進むと…
DSCN1860smokinyapicking.jpg
野生イチヂクの大木が所々あるのです。イチジクはブル語ではスモーキーニャ。
DSCN1858smokinyapicking.jpg
いっぱい生ってます。写真中央にあるようなほのかに紫に色づいたのが収穫に理想的な実。右の方の緑のはまだです。今年の夏は雨が極端に少なかった為実が小さいそうです。ここの所毎年ここにイチヂクを採りに来ているニーナ家。
DSCN1856smokinyapicking.jpg
久々の木登りを楽しむオット。どんどん採ってとりまくり。バケツに放り込んでいきます。
DSCN1869smokinyapicking.jpg
ターザンガール、カトリン。
DSCN1863smokinyapicking.jpg
バケツいっぱいに収穫。これは我が家の分。でもさらに上を行くのはベテランニーナ家…
DSCN1872smokinyapicking.jpg
大きいバケツにいっぱい!プラスビニール袋にも満パン。後で数えたら500個位あったとか。すごっ。

ニーナにイチヂクの調理法を教えてもらいました。まずは皮を剥きます。皮を剥くと白い汁が出て手がかゆくなるのでゴム手袋をはめて…気の遠くなるような作業。
DSCN1875smokinyapicking.jpg
一時間ひたすら剥き続けて…。砂糖をたっぷりまぶして冷蔵庫に一晩寝かせます。翌日弱火にかけ水分がシロップ状になるまで煮詰めて出来上がり。イチヂクのコンポート。ヨーグルトにかけて朝食べます。ニーナは50個に付き砂糖1キロ入れるって言っていたけど作りながらその砂糖の量に恐ろしくなって勝手に大幅削減。それでも自然な甘さが引き立って美味しいソースになりました。

04:11 | Food 食べ物 | comments (16) | edit | page top↑

何かと言われれば…

時々とても食べたくなる餃子。でもこっち皮売ってないし、皮から作るの億劫だし…と思ってて。
でもネットで見ると案外簡単に作れるとあるので遂にやってみることに。とりあえず初心者の私のこの日の目標:「これは何か?」と言われれば「餃子かも」と言えるものを作ること。
DSCN1847gyozamodoki.jpg
皮(薄力粉1.5カップ、強力粉0.5カップ、塩少々、ラードまたは油大さじ1、熱湯約130cc、水少々) ボウルに粉と塩、ラードを入れ、熱湯を入れ、菜ばしでかき混ぜる。水少々を加えてよく混ぜ、まとまってきたら手でまとめ、器に入れてラップをしておく。
DSCN1848gyozamodoki.jpg
具(豚ひき肉200グラム、白菜250グラム、ニラみじん切り20グラム、ネギみじん切り大さじ2、ショウガみじん切り小さじ2、塩小さじ半分、酒大さじ1、しょうゆ大さじ1、コショウ少々、ゴマ油大さじ1)、打ち粉適量 …と作り方にはあるけれど白菜はキャベツで、にらは無いのでスプリングオニオンで、酒も無いので白ワインで代用。
台に打ち粉をして、タネを少し練ってから棒状に伸ばし、28~30個にちぎる。それを手のひらでつぶして、めん棒で直径8~9センチにのばす。この作業の時の写真は粉まみれのため無し(笑)。ここが一番難しかった。べたべた手に付くし粉まみれだし。
DSCN1849gyozamodoki.jpg
そして出来上がり。「これは何か?」と言われれば「餃子」に仕上がったんじゃないかと思います。味はまあまあかと。でも反省点は苦戦した皮がちょっと分厚すぎ~。これをもっと薄く延ばすのが次回の課題。果たして次回はあるのか…って話だけど。ま、一応自分の記録としてココに残しておきます。

ところで~~!!
お友達夫婦のoceanchild家から救済物資が届けられました。
マレーシアで生活しているこちらのご夫婦、今は日本に一時帰国中。そんな中私達の為に日本ならではアイテムを厳選してくれて。おそばやめんつゆや練り梅~。どれもこれも思いっきりツボな物ばかりです。
DSCN1841packagefromitos.jpg
小包開けると毎度もれなく獣の検閲がついてきます。一つ一つ鼻水検閲済み印がつけられていきます(笑)。真剣そのものな検閲官↓
DSCN1837packagefromitos.jpg
亀田の柿の種もある~~!私これの中毒でした(笑)。日本にいたころは食料庫に常備してました。覚えていてくれたんだ~~。ありがとう、oceanchildちゃん。遠く離れた友の優しい気遣いが嬉しい午後でした。
15:41 | Food 食べ物 | comments (10) | edit | page top↑

わはは♪

ちょっと久し振りの更新になってしまいました。皆様お元気ですか?こちらは数日前に大雨が振って以来涼しい日が続いています。
先週久々にTOMBIと海へ。オットは友人達とビーチバレーをする為向こうの方で面子が揃うのを待っています。TOMBIと私はバレーが始まるまで散歩~。
DSCN1814blackseatombi2.jpg
久々の海にご機嫌の赤獣。終始笑ってます。
DSCN1815blackseatombi.jpg
全盛期に比べたら随分人も減った感じがします。
DSCN1822seagardensampo.jpg
シーガーデンの木は大きくて涼しい木陰のトンネルを作っています。この後ビーチバレー会場に行ったら誰もおらず…。携帯も無くて連絡がつかないので諦めてTOMBIと歩いて帰りました。(後で聞いたら全部で4人しか集まらず(ぶっ)しかも誰もボールを持っていない(ぶぶっ!)と言うことで4人で海沿いのカフェでおしゃべりしたんだそうな。まぁ、予報ではこの日雨が降るって事になっていたから、行くの止めた人もいっぱいいたんだろうなぁ。)
DSCN1825blackcat.jpg
帰り道見た黒猫ちゃん。この子は顔が四角くてかわいい。こっちの猫は顔が三角で鋭い表情の子が多いんですよ。

これは翌日ですが…。
DSCN1834tombicut.jpg
久し振りに赤獣の毛を切りました。随分もこもこに成長していたので盛りだくさんの毛…。
DSCN1831tombicut2.jpg
顔をなかなか切らせてくれない~。ので頭でっかちな動物が一匹仕上がりました(笑)頭と顔はまた今度やろっと。
16:39 | TOMBI | comments (2) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。