スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

走るっ、走るっ

毎度お馴染み、シーガーデンで。寒かったり忙しかったりでなかなかTOMBIを存分走らせてあげれてないな~と思い寒空の中シーガーデン行ってきました。人っ子一人、犬っこ一匹いやしない。
DSCN2511kick.jpg
独占臭い付け大会(笑)
DSCN2513kick.jpg
やっほ~
DSCN2522kick.jpg
この日一番のキメッ!(なにげにカメラ目線)
DSCN2532umi.jpg
冬景色な黒海。寒くてやってられないんで…
DSCN2539run.jpg
動くTOMBIってテーマで撮影。(要は私も同じペースで走りながら撮影。爆走流し撮りです。笑)。動きのある(ぶれぶれ)フォトをどぞ。
DSCN2551run.jpg
お腹の毛にピント合い。
DSCN2553run.jpg
爆走突進犬。
DSCN2542happy.jpg
たのしいねっ!早くはしろっ!
DSCN2546happy.jpg
一緒に走っていたらこの笑顔。
DSCN2548happy.jpg
本人楽しかったみたいでよかった。
DSCN2529happy.jpg
はい、休憩~。(つまらなくて走りたくてうずうず犬)
DSCN2565umi.jpg
もう二っ走りした後海辺のベンチで一人と一匹でしばしまったり。
スポンサーサイト
03:36 | TOMBI | comments (14) | edit | page top↑

ビラリア『オケアン』

さあ、本格冬です。毎日薪ストーブがんがん焚いています。木の燃える暖かさはじっくりじんわり芯から温まる感じ。オット、室内でTシャツでうろうろしてます。
さて、冬になると登場するのがこちら。
okean1.jpg
ストリチノ黒生ビール。ビターでこくがあるブルガリアのビールです。生は冬場しか見かけません。地元友人に教えてもらった近所のビラリア(英国のパブみたいな)、『オケアン』はランチがお得。席も広々しているので落ち着けます。
okean3.jpg
日替わりランチメニュー。スープが3種類位(100円位から)、メインが5種類ほど、2.5レバから3.5レバ(200円から280円位)の間。デザートのクレムカラメル(プリン)は0.8レバ(50円位かな?安っ)。でもランチは人気なので少し遅く行くと売り切れ続出です。
okean2.jpg
ピレシカスパ(チキンスープ)とピレスオリス (チキンライス)にしてみました。ライスがチキンのエキスをぎゅっと吸っていてとて~も美味しい。やっと何頼んでも美味しいもの食べさせてくれる所に出会えて嬉しいのです。
DSCN2408okean4.jpg
満腹~、満足~。隣のテーブルとの間隔が広くてナイス。タバコの煙もさして気にならず(ヘビースモーカーだらけのこの国、冬場はこれ重要)。
DSCN2409okean.jpg
外観はこんな。
DSCN2410okeanmap.jpg
場所はここ。
レストランルポ、続く予定は無し(笑)。

天気予報は明日から三日間朝から晩まで雪です!ブルガスでは今年初の雪の予報。積もるかな~?
04:40 | Retaurant レストラン | comments (10) | edit | page top↑

いつもの散歩道?

かなり久々で、TOMBIのいつもの散歩道パート2です。これは家からたったの5分で着いてしまうので寒い日やお手軽に済ませたい日用です。といってもTOMBIはここがかなり気に入っておりまして。ここに行くと知るとずんずんジグザグしながらやる気で引っ張って行きます。
DSCN2416sampoonthewaytoschool.jpg
こんな普通な共産団地郡を通り過ぎていると猫が木の上にいました。
DSCN2435school.jpg
はい、もう着いちゃいました。近所の学校の校庭です。
でもここただの学校じゃなさそうです。
DSCN2444schoolpupil.jpg
学校に出入りする人達の年齢層が実に様々。子供から若者からお年寄りまで…。
学校の名前は
DSCN2445gagalinschool.jpg
ユーリ・ガガーリン スポーツ学校と国立音楽美術学校。ガガーリンって辺りがとっても共産っぽい響き。
DSCN2420yuligagalinschool.jpg
誰もいない校庭はTOMBI走り放題です。学校から色んな楽器の練習音が響き渡ります。
DSCN2425yuligagalin2.jpg
木から木へと臭い確認、上書き保存&アラベスク~で大忙しです。シャ~~~!
DSCN2427busyguy.jpg
次っ! シャ~~~!
20071205205627.jpg
木から木への移動は大ダッシュという決まりなようで(笑) 終始『わはははは~』
DSCN2437schoolboy.jpg
まだ帰らないよね!(真顔)
DSCN2441manzoku.jpg
まだだよっ!(真顔!)

でも一度帰ると決まると一目散に我が家に向かう。帰り道も何故かジグザグで家までの一番近道をずんずん帰ります。ちょっと遠回りして帰ろうか、と他の道を行こうとすると断固拒否されます。変な子。
01:32 | TOMBI | comments (10) | edit | page top↑

薪ストーブ

こちらの一般的な暖房器具は電気ストーブかエアコン、そして薪ストーブ。団地ですとパルノという温水パイプで温めるシステムも行き巡っているみたいですが、皆口をそろえて言うのは「値段が高過ぎる!!」。という訳で使っているという人にまだあったことがありません。すぐそこまで温水が来ていてひねれば暖かくなるのに…なぜそんな立派なシステム作っておきながら一般人が使えない程ような値段設定にするんだろう。値段下げて皆に使ってもらって皆から利用料徴収する方が自治体も利益があるのではないか…と思ってしまう。

我が家は友人から余っている薪ストーブをいただいてありました。やっと重い腰を上げ煙を送るパイプを購入し、いざ設置。
DSCN2411pechikasetup.jpg
パイプ繋げて煙突に続く穴につなげるだけ。あら、簡単。
20071205205537.jpg
出来上がり~。でもまだ薪がありませんでした。早速友人に注文してもらいます。大体どの位買ったらいいのか検討もつきません。友人によると、最低単位が1トンで(!!)大体2から5トン位を一冬使うのが相場だとか。トンっていう単位がちょっと想像つきません。1000キロってこと?(1㎥っていう言い方もしていたけど…)よく分からないので『2トン』頼みました。翌日午前中に届くそうです。どきどき。

薪屋から連絡が入った友人が我が家まで来てくれました。そして薪屋が到着。馬車かなんかで運んでくるのかなぁとのんきに考えていた私は到着した薪屋を見てプチパニックに。だって4トントラック位の荷台に山積みの薪…。「え、あれ全部うちの?」と思わず友人に聞いてしまい。アパート下の入り口の部分に荷台からどさ~~~~と道路に大量の薪が下ろされます。にしてもすごい量。ブルガリア、家具屋だって電気やだって家まで運んでくれなかったんだから薪だって運んでくれるわけがない(涙)。これ全部自分達で下のベースメントと4階の我が家に運ぶのかと思ったら気が遠くなりました。たまたま通りかかった友人達がびっくり立ちすくんでいる私たちを見て笑いながら「用事済んだら後で手伝いに来るよ~」と言ってくれましたが。でもです!ここで思いがけない救世主が現れたのです!たまたま通りかかった『何でも屋』のおじさん、フリスト。自分から声をかけてきて「運びましょうか?」と。値段交渉してあっという間に合意に至り(全部で30レバ。ほぼ言い値です。もうこれ運んでくださるんなら何ぼでも…って気分でして 笑)。あ~~~~~ん、助かった。
DSCN2447dalva.jpg
物凄い仕事が早くてタフなフリスト(写真、灰色のシャツのおじさん)、それでもみっちり3時間かかって全ての薪を運んでくれました。かなりな重労働でしたろうに。本当に助かりました!

実は先日から風邪ひいてまして。喉から始まり頭痛、熱、咳…と、まぁ普通の風邪です。今日は初めて薪ストーブを焚いて家を暖かくして休んでます。(ちょっと寝疲れちゃってブログアップしてみてますけど)。今朝、風邪引いたと聞いたクリちゃんが風邪薬を届けてくれました。
20071205205754.jpg
喉や鼻の症状に効くというお湯に溶かして飲む薬。レモン味でビタミン入り。飲みやすかったです。ありがとう、クリちゃん。
21:47 | Everyday 日常 | comments (20) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。