スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

秋のシーガーデン

秋の夕暮れシーガーデン。久し振りに望遠レンズ付けて歩いてみました。
DSC_0066-1tombi.jpg
夏場の活気はとうに過ぎ去り人もまばら、静けさがもどっています。この落ち着いた感じ、結構好き。
DSC_0045autumn tombi
家から歩いても来れるけど(徒歩25分)最近はここまで手っ取り早く車で来ちゃいます。最近TOMBIは散歩の時ここに来る=車に乗る、ではない近所の散歩だと「今日はもういい」と早々と散歩を切り上げようとします。シーガーデン命。
DSC_0024autumntombi.jpg
笑顔炸裂。
DSC_0013tombi.jpg
広大な公園。「ボクちゃんの公園」とばかりに片っ端からマーキング→アラベスクに余念がありません。大忙し。

最近ここで見かける野犬兄弟。いつ見ても二匹で一緒、なかよくじゃれあっていて他の飼い犬からは距離を置いています。
DSC_0075-1yaken.jpg

DSC_0077-1yaken.jpg
海をバックに。

スポンサーサイト
19:52 | TOMBI | comments (2) | edit | page top↑

犬好きブルガリア人

TOMBIと散歩しているとよく声をかけられます。
よく言われるのが
като играчка (カト イグラチカ)(おもちゃみたい)
Много слатко(ムノゴ スウァトコ)(超かわい~)
каква порода? (カクヴァ ポロダ?)(犬種は何?)
как се казва? (カクセ カズヴァ?)(名前は?)
колко голямо? (コゥコ ゴリャモ?)(どのくらい大きいの?=何歳?)
мъжко ли или женско? (ムシュコリ イリ ジェンスコ?)(オス?メス?)
DSCN3344tombi.jpg

根っからの犬好きも多く頭のてっぺんから声だしてなにやらいっぱい(TOMBIに)しゃべって去っていくおばさんとか。世界共通ですね。
DSCN3348tombi.jpg
子供はTOMBIに近づく時必ずХапи ли? (ハピ リ?)(噛む?)と聞いてきます。(初期の頃ハピが英語のハッピーで散歩が嬉しい笑顔のTOMBIみて彼嬉しいの?って聞いてるのかと思った)残念ながら子供相手にどう反応するか分からない赤獣なのでПонякога да (ポニャコガ ダー)(時々ね)というとあっさり触るのは諦めて去って行きます。触る前に噛むか尋ねるこの習慣はとても助かります。あとオスの飼い主同士は要注意っていうのも世界共通で。くんくん臭い嗅ぎあったあとはさっさと分かれさせるのが秘訣。ウマが合わない相手だとお互い牙剥いて威嚇を始めるので。あぁ、怖い赤獣(涙)。相変わらずプードル系が大嫌いです(笑)
DSCN3355tombibythewindow.jpg
窓辺に彼のムートンしいてやるとどっかり腰を下ろしてくつろぎます。(でも私は片時も離れませんよ)
DSCN3356tombibythewindow.jpg
窓際のとんちゃん。

ところで何でしょう、この急激なユーロ安!今現在117円です。さっき114円をヒットしたし。カードで買い物したくなっちゃう~。でも買いたいものはこの街には無い~(涙)。私達がここに越してきたとき1ユーロ160円ですよ~。引越しに伴って高い買い物いっぱいしたのに・・・しくしく。



22:05 | TOMBI | comments (4) | edit | page top↑

ティクヴァ

ちまたにあふれる旬のかぼちゃを買いました。ブル語ではティクヴァ(単数系)。
DSC_0043pumpkintombi.jpg
こういう長細いのがこっちの主流。時々大きな丸いのもあります。
DSC_0046pumpkin.jpg
切るとオレンジが鮮やか!
半分はティクヴァバーニッツァに。おろし金でティクヴァをシュレッドしてそこに黒砂糖とシナモンを加え混ぜ、砕いた胡桃も一緒にコリ(薄いペイストリーの皮)でくるくるっと包き込んで器に並べて上にバターを少々散らし、200℃のオーブンで25分。
DSC_0049tikvibanichiki.jpg
焼きたてよりも翌日のしっとりしたやつの方が好き。
もう半分はパンプキンスープに。ナツメグ効かせて。

DSCN3372tikvi.jpg
街には露天ティクヴィ屋さんがちらほら。ここのは皆大きいねぇ。切るのが大変そう・・・。
20:29 | Food 食べ物 | comments (2) | edit | page top↑

イスタンブール?

旧市街に集中する世界遺産の見所を回りました。徒歩で全部見れるほどこのスルタンアフメット地区に集中しています。
DSC_0107istanbul.jpg
ブルー・モスク。
DSC_0104istanbul.jpg
内側。息をのむ美しさでした。
DSC_0115istanbul.jpg
トプカピ宮殿の入り口。オスマン帝国時代の歴代の支配者スルタンのおうちです。
DSC_0119istanbul.jpg
庭がデカイッ!
DSC_0120istanbul.jpg
宮殿内の厨房棟、長さは100メートル以上、幅は10メートルぐらい、調理場の煙突がずらっと林立。
DSC_0136istanbul.jpg
「ハレム」とよばれるスルタン住居部分の一室、見上げるとこれまた息を呑む青系に統一されたタイル芸術
DSC_0141istanbul.jpg
ハレム内の一室
DSC_0144istanbul.jpg
壁、天井に隙間無く施されたタイル・デザイン。
DSC_0151istanbul.jpg
トラム(路面電車)、イスタンブール中心街のメインの交通手段。
DSC_0152istanbul.jpg
ヨーロッパでも最古の地下鉄の一つだそうで。区間は超短いですが、坂をぐっと上って新市街のショッピング・ストリートまで客を運びます。
DSC_0163istanbul.jpg
人でごった返す夕方のイスティクラール通り。
DSC_0164istanbul.jpg
魚市場のレストランからの席から。新鮮な魚を食したくこの通りをいろいろ見てこのレストランに決定。
DSC_0166istanbul.jpg
エーゲ海のシーバスと海老を食べました。「これとこれ!」といって、地下の厨房で調理してもらいます。黒海の魚がいまいち好きになれない者としては嬉しい食事でした。
DSC_0175istanbul.jpg
お土産に買ったスパイスとスカーフ。

18:49 | Istanbul イスタンブール | comments (5) | edit | page top↑

イスタンブール?

先日、オットは友人エルマーと二人でイスタンブール旅行に行ってきました。TOMBIと私はお留守番。ブルガスからイスタンブール行きのバスが毎日出ています。旅のともエルマーはウクライナ人、日本人オットと彼の唯一の共通言語はブルガリア語。それだけでちょっと笑えるシチュエーションです。旅の写真達、写真のサイズダウン処理とアップロードを頼まれたので私がやってますが。(←そこが一番面倒だって知ってた?>オット)なのでとりあえず写真だけどんどん載せます。後できっとオットの注釈が載ることでしょう。
DSC_0010istanbul.jpg
エジプシャン・バザール(スパイス・バザール)でいろいろスパイスを買いました。
DSC_0009istanbul.jpg
グランド・バザールははっきり言ってでかすぎ。
DSC_0019istanbul.jpg
埠頭に船を横付けしてかの有名な鯖サンドウィッチを売っています。これがうまい!4リラ(旅行時点で一リラ70円ぐらい)
DSC_0023istanbul.jpg
金角湾をクルーズ、見ているのはイェニ・ジャーミというモスクです。
DSC_0036istanbul.jpg
ガラタ塔から金角湾、スルタンアフメット地区そしてマルマラ海を望む。トプカピ宮殿、アヤソフィア、ブルー・モスクが遠くに見えてます。
DSC_0039istanbul.jpg
同じくガラタ塔からアジア方面を望む。
DSC_0042istanbul.jpg
ウクライナ人のエルマー(旧共産圏じゃないところに来るのはなんと初めて)
DSC_0045istanbul.jpg
エルマーにとってもらいました。
DSC_0050istanbul.jpg
「豊」という日本料理レストランで寿司と天ぷらを「大関」の燗で食べました。うまかったけど高い!
DSC_0052istanbul.jpg
ホテルの朝食ダイニングからの眺め。マルマラ海に朝日が反射して綺麗でした。たくさんの数の船が行き来していました。
DSC_0077istanbul.jpg
ちょっと路地を入るとガラクタ市でした。
DSC_0079istanbul.jpg
この犬の写真を取ったとき店の主になにかトルコ語でまくし立てられましたが、もちろん分かるわけなし。
DSC_0081istanbul.jpg
地元住民用の活気みなぎる市場。雰囲気がアジアですねー。卵専門店のすぐ横はジーンズ専門店。
DSC_0085istanbul.jpg
野菜が生きがあって種類もブルガリアの比じゃないぐらい揃ってます。
DSC_0086istanbul.jpg
狭い路地を車がガンガンとおります。
DSC_0087istanbul.jpg
ちょっと伝統的なトルコ料理を出すレストランで。他はどこでもあったのにここはアルコールは置いてませんでした。やっぱり伝統的イスラムスタイルなのでしょうか?その代わりコカ・コーラの類は揃ってるというのが中途半端でした。
DSC_0088istanbul.jpg
イスタンブールはホント起伏の激しい地形、平らなところがまずありません。

17:16 | Istanbul イスタンブール | comments (3) | edit | page top↑

TOMBIプロジェクト

トイレットペーパーの芯を見るといてもたってもいられないのは昔も今も変わらず。
芯くわえて首の遠心力でぶんっとこっちに投げつけてきます。
もうこうなると獣の頭の中は芯プロジェクトの事だけ。
果たされるまでぴよぴよ鳴いたりジダンダ踏んだり落ち着きないです。

分かった、分かった。中にすなぎもジャーキー詰めて作ってやると・・・続きは動画で。
(出だしうるさいよ~、音下げてビデオクリックしてね。)

指が無いって本当に不便なんだね。といつも思う。
でも無事中身がゲットできた後の満足君。
DSCN3335projectdog.jpg
 ごちそうさま~
DSCN3334projectdog.jpg
満足でっす。にっ

散らかった芯のくずを片付けてくれたらいいのにね。


19:16 | TOMBI | comments (4) | edit | page top↑

黄色いカーテン終了

我が家の窓の外のその後です。禿げた木だけでは味気ないのでクリクリ君にも登場してもらいましょう。
DSC_0003octtombi.jpg
昨日の嵐でますます葉は飛ばされ半年振りにお向かいさんが見えるようになりました(涙)。

DSC_0008octtombi.jpg
「早く外見よ~よ~」
15:59 | Life 生活 | comments (5) | edit | page top↑

ヨーグルト大好き犬

なにやら真剣です。しっかりお座りしておねだりビームMAXです。
DSC_0002octtombi.jpg
TOMBIが欲しいもの、それは・・・

DSC_0001octtombi.jpg
ヨーグルト。「ヨーグルト食べよっかな~」の飼い主の声に今まで寝ていたのに飛び起きてこれです。ヨーグルト大好き犬。
ブルガリアはやっぱりヨーグルトの国。こういうパックに入ったありとあらゆるメーカーのあらゆる乳脂肪分のヨーグルトが店に並びます。
私はこのна баба『おばあちゃん』シリーズの乳脂肪率4.5%のが好き。こっくりクリーミー。

あ、ところでケフィアのその後です。順調に続いていましたが、ここの所気温が下がってきて思うように発酵しません。24時間だとまだまだで48時間でやっと出来るという状況です。まだ暖かく毎日出来たころはTOMBIにも少しだけ舐めさせていたら、彼も大好きになり「ケフィア」の言葉にはっと反応するようになり。2週間位でなんとTOMBIの毛がシルクの手触りになりました。ちょっと硬い毛が多かったシッポまで柔らか~~~くなっていつまでもなでくりまわしたい程(あ、ちなみに私の髪の毛ももともと猫っ毛がさらに柔らかくなりました)。すごい効果です。
私の手の湿疹にも効いて随分楽になっていたのですが、この所の発酵の遅延で食べる量が減ってまたぶり返してきました(涙)同時にTOMBIの毛も元の感じに戻ってきました。もう少し寒くなったら薪ストーブを焚くので家が常に温かくなってまたケフィアも元気に発酵してくれることでしょう。

比較的暖かかった先週でしたが昨日の嵐で空気ががらりと変わり、今朝は冬空です。今年の冬は寒くなるのかなぁ・・・。
15:51 | TOMBI | comments (4) | edit | page top↑

最近のヒット

近所のBILLAでお兄さんがさっそうとやってきてこれをかごに入れているのを見て「おいしいのかな?」とつられてみました。
DSC_0009tiramisu.jpg
美味しかった!ちゃんとマスカルポーネだし、コーヒーリキュールも効いていていけます。2.5レバ位だったかな。
普段甘いのはほとんど食べないのだけど、たまにはね。
00:24 | Food 食べ物 | comments (4) | edit | page top↑

黄色いカーテン

我が家のリビングの大きな窓からは家の前に立つ大きな木が迫ります。
去年も書いたなぁと思うけど、またこの木だけが周りの木々を差し置いて一人で黄色く色づいています。
DSC_0274blog.jpg
黄色鮮やか。
5月から10月まではこの木が目隠しになって前のアパートと視界を遮ります。
だから落葉後はお向かいが丸見え・・・。

窓辺においてあるペットボトルはTOMBIの「自殺防止」です。左側の窓をよく開けておくのですが、我が家の車のブレーキ音を知っているTOMBIはオットの車が帰ってくると大興奮します。大興奮した勢いで窓辺のソファーの縁の上に乗ってそのまま窓へ・・・行かないように。一度だけふと見ると外を見たいTOMBIが窓辺をつたって開いた窓のすぐそばにいたことがあり焦りました。このペットボトルがあるとそれ以上は窓に近づきません。見苦しいけど仕方ない。

私が窓から外を見・・・ようとするだけでTOMBIは「ボクも!」とソファーに飛び乗って意気込みます。抱っこして窓辺に座らせて後ろから抱きしめて二人でよく外を眺めます。行きかう人やワンコや車を鼻をくんくんしながらいつまでも眺めてます。
00:14 | Life 生活 | comments (2) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。