スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

イスタンブール?

旧市街に集中する世界遺産の見所を回りました。徒歩で全部見れるほどこのスルタンアフメット地区に集中しています。
DSC_0107istanbul.jpg
ブルー・モスク。
DSC_0104istanbul.jpg
内側。息をのむ美しさでした。
DSC_0115istanbul.jpg
トプカピ宮殿の入り口。オスマン帝国時代の歴代の支配者スルタンのおうちです。
DSC_0119istanbul.jpg
庭がデカイッ!
DSC_0120istanbul.jpg
宮殿内の厨房棟、長さは100メートル以上、幅は10メートルぐらい、調理場の煙突がずらっと林立。
DSC_0136istanbul.jpg
「ハレム」とよばれるスルタン住居部分の一室、見上げるとこれまた息を呑む青系に統一されたタイル芸術
DSC_0141istanbul.jpg
ハレム内の一室
DSC_0144istanbul.jpg
壁、天井に隙間無く施されたタイル・デザイン。
DSC_0151istanbul.jpg
トラム(路面電車)、イスタンブール中心街のメインの交通手段。
DSC_0152istanbul.jpg
ヨーロッパでも最古の地下鉄の一つだそうで。区間は超短いですが、坂をぐっと上って新市街のショッピング・ストリートまで客を運びます。
DSC_0163istanbul.jpg
人でごった返す夕方のイスティクラール通り。
DSC_0164istanbul.jpg
魚市場のレストランからの席から。新鮮な魚を食したくこの通りをいろいろ見てこのレストランに決定。
DSC_0166istanbul.jpg
エーゲ海のシーバスと海老を食べました。「これとこれ!」といって、地下の厨房で調理してもらいます。黒海の魚がいまいち好きになれない者としては嬉しい食事でした。
DSC_0175istanbul.jpg
お土産に買ったスパイスとスカーフ。

18:49 | Istanbul イスタンブール | comments (5) | edit | page top↑
ティクヴァ | top | イスタンブール?

comments

# これは
この青いタイルは本当にすごいきれい!!!!じかに見たらすごい迫力だったでしょうね。このスカーフはmiyoちゃんへのお土産かな♪素敵な柄だね。お魚もおいしそうだなあ~~~トルコ料理ってどんなお魚料理なのかな??
by: oc | 2008/11/02 15:50 | URL [編集] | page top↑
# きゃぁ~
飛んでイスタンブールじゃないですかぁ~。
(スミマセン┐(´ー`)┌)
tombi家がお引越するとき、
「イスタンブールが近い」それで覚えたの。
だって行ってみたくて何度地図を眺めたことか。。。

このイスラム寺院の装飾、なんて美しいんでしょう!
私もこの場所にたたずんだら、しばらく上を見上げて息をのんでしまうだろうな~
(いや、横にいる人に「ちょっとみてみて~」と騒ぐかも...)


ところで黒海のお魚はイマイチなの?
どんなお魚が採れるの?興味津々です。
miyoちゃん!今度アップしてくださいね~。
by: ivy | 2008/11/03 15:58 | URL [編集] | page top↑
#
★ivyさま
トルコ関連のコメはオットに任せるとして・・・
私、日本人のくせに魚にあまり深い興味がない為未だ黒海の魚を自分で購入、調理する気になれていないので多くは語れませんが、よくブルガスの桟橋で釣り人が売ってる魚は鰯みたいな小さ目の子達です。何度かレストランで黒海魚を食べたけど皆白身魚で淡白・・・という印象かなぁ。骨が多く。現地の人は黒海は汚染されていて、と余り黒海の魚は健康によくないかも、と思っている人も多いらしく。あんまりポピュラーじゃないかなぁ。(海水は東京湾よりは綺麗そうだけどね)
また魚事情詳しい人がいたら捕まえてみます。今はまだ限られた情報でアシカラズ・・・。
by: miyo | 2008/11/04 20:44 | URL [編集] | page top↑
# ocさん
元気?この芸術はホントすごかったですよ!圧巻でした。ブルーをベースに色数を絞って統一感を出していて、こういうレベルのものは見たことがありませんでした。しかもサイズがサイズだし、プリントしたわけではないから全部生身のハンドワークだし。。。miyoさんへのスカーフとかのお土産も充実しているし、やっぱりデザインが秀逸ですね。魚は味付けはあっさりしていて期待通りでした。白ワインでいただきました!アーヤによろしく!あと、関係ないですが旧共産圏でBack in the USSR聞くと妙にのれます。
by: beatles | 2008/11/05 20:17 | URL [編集] | page top↑
# ivyさん
建造物内側の美術もモチ凄いんだけど、イスタンブールにゴマンとあるキリム屋の店頭にディスプレーされてる絨毯のデザインがまた強烈でした。黒海の魚はやはり海流が無いので魚の身がいまいち発達していないというか脂がノッていません。実はまだコメントできるほど食べてないんですがたぶんそれほど期待はできないと思います。あるいはレストランの調理方法が良くないのかも知れないし、もうチョイ調べてみます。ところでブタチョキの写真もうプロの域だね!これからも期待してます!
by: beatles | 2008/11/05 20:30 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。