スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ビール紀行? Bacharach→Rothenburg

二日目以降、とあるレストランで教えてもらって好みのビールの頼み方が分かる。
DSC_0256beer.jpg
ヴァイツェンビア(白ビール)というと間違いなく好みの白濁ビールにありつける。



二日目は朝一で村のリフトに乗ってリューデスハイム一帯を見下ろせる丘へ。去年に引き続き。
DSC_0118rhudesheim.jpg
丘の上に展望台からライン川を見下ろす。
DSC_0114rhudesheim.jpg
ちょっとリフトが怖くて震えちゃうとん。でも去年も来た鹿牧場とかホテルの屋外レストランを見たら思い出した模様で嬉しそう。下の村に下るリフトの眺めがやっぱり圧巻。
ホテルをチェックアウトして向かったのは(位置的にちょっと戻るけど)バッハラッハの村。
bachrach jpg
ドイツらしい木組みの古い家が並ぶかわいらしい村。ここでのランチの時にウェイトレスのお姉さんから『ヴァイツェンビア』の注文の仕方を習い書き留める。アロマが高く大好きなビール。
さて、ゆっくり村を練り歩いた後は車に乗って本日の宿があるローテンブルグを目指します。
DSC_0194 stop at one town
アウトバーンぶっ飛ばすこと2時間。平均時速が120キロでそれ以上の車がバンバン抜かしていくドイツの高速道路。やっと下の道、ロマンチック街道に入って一休みした街で。(名前忘れる。 A, help me here)
なだらかな田舎道が続くロマンチック街道。通過する街道沿いの村々がかわいすぎる!
途中地元スーパーを見つけて晩酌の買出し。地元のフランケンワインの赤が5ユーロちょっとで売っていたので購入。チーズ売り場でおばさんが薦めるドイツ産チーズも購入。予約していた宿はローテンブルグの市壁沿いの静かなロケーションにあり・・・
DSC_0209.jpg
部屋付属のお庭がステキすぎて皆で息を飲む。テーブルや椅子も付いているのでそこでしばし皆でワインとチーズでくつろぎタイム。鳥の声しか聞こえない静けさ。緑の谷を見下ろして。
14:49 | 2009年ドイツ | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。