スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

Istanbul ⑤

前日は雨降りな朝だったけれど、翌朝は晴れてくれ念願の見晴らしのいい屋上テラスで朝食♪ 一階の朝食ビュッフェから選んで上に持ち出し。
DSC_0207istanbul.jpg
マルマラ海が見渡しながらの朝食は何物にも変えがたく。
DSC_0201istanbul.jpg
ここの朝食、ハチミツは巣ごと出てくる。これが絶品。すぐにミツバチも寄ってきて無心にハチミツ舐めてました。自分達の努力の結晶はやはり美味しいのだね。

夜のバスで帰るまでの時間でまだ見ます!
DSC_0218istanbul.jpg
ホテル近くの通り。ここを抜けるとすぐ裏はアヤソフィア。入場料20リラ。
DSC_0231istanbul.jpg
アヤソフィアの内部はこれまた荘厳というか厳粛で重々しい雰囲気。西暦4世紀、コンスタンチノープルの時代の建物だものね。
DSC_0234istanbul.jpg
こういう石の通路を上がって二階回廊に出れます。
DSC_0239istanbul.jpg

DSC_0238istanbul.jpg
壁画修復中。この足場がまたすごいな、と。
DSC_0243istanbul.jpg
そう、今ではイスラムの国トルコですが遠い昔はキリスト教の国だったのですものねぇ。

アヤソフィアの外でもう一人お友達Aちゃんと待ち合わせ、その後3人でてくてくと。私のリクエストでKurukahveciのコーヒーを買いに。でも道中は前日にも増したすごい人で時間がかかってしまい。
DSC_0257istanbul.jpg
てくてくの途中でAちゃんの知り合いのおじさんがやっている皮細工やさんをのぞき。色合いがポップで上質の皮を使っていてちょっと気になるカバンや皮の室内履きがあったけれど、手元のリラがもうほとんどなく。次回持ち越し。

ホテル近くの土産物屋さんにいた猫。
DSC_0259istanbul.jpg
ただの白い猫じゃないんです。お店の人に「フラッシュは焚いちゃだめだよ」と言われました。
DSC_0260istanbul.jpg
見えますか?この子のお目目。オッドアイです。そう、ヴァン猫ですよ~。希少価値でトルコ国外に持ち出し禁止で見つかると物凄い罰金が科せられます。
DSC_0265istanbul.jpg
どれどれ、希少価値ちゃん、私にその綺麗なお顔を見せておくれ~と写真を構えると、ぷいっ。
DSC_0266istanbul.jpg
「まったく、やんなっちゃうわよね、皆よってたかってあの黒い箱向けてきてさ。」
DSC_0268istanbul.jpg
完全にカメラに飽き飽きしている猫ちゃんたち。でも最後にやっと撮らせてくれました。
DSC_0269istanbul.jpg
綺麗な子達。本で見ただけだったヴァン猫を実際に見れて嬉しい。
ちなみにこのお土産やさんはぎらぎらした店員がいなくて(笑)買い物しやすかったです。品揃えも豊富だったし。

帰りはオトガル19:00出発が結局出発が遅れて20:00発。しかも途中トルコ内5箇所位止まりどんどん人が乗ってくる。結局ほぼ満車状態でブルガリアに向けて走り。お陰で帰りの国境越えも時間がたっぷりかかり国境をやっと越えたのが朝2時。ブルガスに着いたのは朝3時。長い旅だった。
21:52 | Istanbul イスタンブール | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。