スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

韓国ソウルの旅

韓国語を勉強する幼馴染のAちゃんと念願の韓国食い倒れ旅行に行ってきました。韓国実に7回目のAちゃんによるプラニングで美味しくディープなソウルを。
IMG_0016.jpg
明洞(ミョンドン)の屋台でさっそくつまみ。地元も沢山集まるチヂミは絶品。赤い辛いスープに入ったトッポギもグー。
最初の夜はミョンドンの繁華街を練り歩き。次々あるコスメのお店に試供品に釣られてどんどん吸い寄せられます。おまけ、試供品大好き韓国人。コスメの買い物がこんなに楽しかったことはなかった。その晩は床暖オンドルの上に布団を敷くタイプのホテル♪時代を感じる雰囲気がまたグー。オンドルの魅力のとりこになる。
翌日午前は
IMG_0051.jpg
ミョンドンのマンドゥ繁盛店。地元っぽい方々で大賑わい。長蛇の入店までの列が10分位で順番が来た。マンドゥは絶品でございました。
午後は
IMG_0068.jpg
サムゲタン専門店で。Aちゃん以前現地の方に連れてきてもらって感動した、というお店。もうこれだけの為にまたソウルに来たいおいしさ!
IMG_0073.jpg
お店の名前です。
IMG_0076.jpg
そこからてくてくお茶街へ。(地域名忘)ソウルの道路は大通りだと片道5車線、全10車線が当たり前。広いです。緊急事態に飛行機の滑走路になるんだそうです。
IMG_0082.jpg
城?今回の旅、名称等一切記憶に残っていません。
IMG_0083.jpg
コリア、色使いが鮮やか。
IMG_0088.jpg
その後お茶屋さんが多い地区へ。ステキなお茶屋さんで休憩。お茶の種類が豊富なんだ、韓国。
この晩の宿はチムジルバンと呼ばれる謂わば健康ランドのようなところ。これも体験済みのAちゃん。普通の日本人はここで一晩過そうと・・・思わないかもなぁ(笑)お風呂入ってごろ~んとして12時間利用で一人約1000円!普通に快適で、あなどれませんよ。
P1110049.jpg
男女それぞれのお風呂の他にとて~も広いこの様なオンドルの休憩所があり、人々はマットを好き好きな場所に敷きごろ~ん。男女別になった薄暗い睡眠部屋もあって、好きな場所で思い思いに寝れます。そこには65度、70度・・・などのサウナもあって、そこでもごろ~んとできる。11時位に就寝した私達ですが、その時は人の入りはまばら。でも途中ふと目を覚まして辺りを見渡すと隙間びっしり人が寝ており。若い女性から中年夫婦、子供などそれは色々な年齢層が。平日の夜の混み方・・・には見えなかったです(笑)おもしろいぞ、韓国。
翌日はさらにディープに、現地の方のお宅へ。
IMG_0103.jpg
Aちゃんが以前知り合った食堂を営む方が誘ってくださり彼女の食堂でランチ。テーブルにいっぱい手作り料理を並べて待っていてくれていました!いやぁ、どれも絶品です。韓国人のもてなしの篤さに感動でした。
さらにその晩はAちゃんの友人のご実家に民泊。ここでも温かいおもてなしを受けまたまた感度。
IMG_0126.jpg
テーブルいっぱいに色とりどりのお母さんの手作り料理が並びます。
IMG_0123.jpg
どれも絶品でした。初韓国、コリアンの奥深さ現地の方の温かさに触れて感動な旅でした。

おまけ。
IMG_0061funnysign.jpg
街のあちこちにある日本語の看板。どれも微妙に残念感漂い思わず笑いがこぼれます。その中でもかなりヒットだったもの。「わいぬん」は「れいめん」のことと思われます。もはや原型が残らずコリアン読める人じゃなきゃなんの食べ物だか分かりません。「にしまんじゅう」は「にくまんじゅう」(笑)。
15:46 | Traveling 旅行 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。