スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

バーニッツァ

こちらは今朝の我が家の朝ごはん。急に焼きたてバーニッツァ(パイ生地のようなパンにシーレネという白チーズがはさんであります。実にシンプル)が食べたくなりオットとTOMBIが我が家の一本裏の道にあるパンやに買いに行ってくれました。朝7:30、店は行列だったそうです。一個70ストティンキ(55円位)。オットは、「ダイミ、ドヴァ バーニッツィ」(バーニッツァを二個ください)と頼んだら「ドヴェ」と直されたそうな。単数だと「バーニッツァ」で複数だと「バーニッツィ」。バーニッツァは女性系名詞なので数字の2も女性系じゃなきゃならんのです。(はぁ…)
DSC_0059breakfast.jpg
がさがさのわら半紙にバーニッツァを取り上げ、透け透けのうす~いビニール袋にがさっと入れてくれます。おぉぉ、焼きたてはやっぱり美味しいね。大きすぎて一個食べきれませんでした。
20070815185606.jpg
ボクちゃんにもそのシーレネんとこください。

今朝は私達の大切な友人、アルフ(フィンランド人)とエスペン(ノルウェー人)の引越しの日。朝食後、彼らの家に引越しの手伝い&お別れに行ってきました。彼らはブルガリア中南部のスモーリャンと言う所に移動します。私達がこっちに来てから彼らには色々お世話になり楽しい時間を共に過ごし友情を築いてきたので別れは本当に寂しい。アルフのジョークが聞けなくなるのが寂しすぎる~。お手伝いに(お邪魔に?)TOMBIも行きました。アフル、TOMBI見て一句。「TOMBI, or not TOMBI」(シェークスピアの「to be or not to be」に掛けて)イカスヨ、アルフ。
こちら↓は彼らの置き土産。
DSC_0066rakiya.jpg

彼らの友人の男性の手作りラキヤ。6回蒸留して6年間寝かせてある極上物らしいです。(入れ物があんまり極上風じゃないけどね 笑)。ラキヤはこちらで一般的な蒸留酒です。良く道端でもおばあちゃん達が自家製をペットボトルに入れて売ってます(が、そうゆうのはまだ買ったことは無く)。彼らがいなくなった寂しさに浸りながらちびちび飲むとするよ。アルフ&エスペン、スモーリャン行っても元気で頑張れ~。



19:28 | Food 食べ物 | comments (4) | edit | page top↑
いつもの散歩道? | top | RENAULT

comments

# ラキヤ!!
オオ~!!ドマーシュナ・ラキヤだ~!!今度わたしが行くまでとっといてくださ~い!
よく道端で売られているものは試飲して選ばないと、時々水で薄められていたりするんですよね・・・知り合いからもらう(もしくは買う)のが一番です。スモーリャンあたりだとみんな家で作ってそうだな~。
by: むうちえ | 2007/08/17 08:16 | URL [編集] | page top↑
# おいしそ~
このパンおいしそ~みっちゃんはブル語でお買い物してるんだぁ・・・すごいね~
すっごくすっごく食べたくなってしまいました。
そしてお値段も魅力的v-238
それから、このお酒はどんな香りと味がするのだろう?興味ぶかーい!
未知の物がいろいろでてきて楽しませてもらってます。
by: kumiko | 2007/08/19 04:22 | URL [編集] | page top↑
#
★むうちえさま
水で薄められたラキヤなんて最悪な響きですよね~。多分これはそういうことはないとちゃんと物だと思うのでむうちえ夫妻と一緒に晩酌するためにたっぷりとっておきま~~す。早くおいで♪
by: miyo | 2007/08/19 15:02 | URL [編集] | page top↑
#
★くみちゃん
買い物も一苦労だよ。ま、言語とはこうやって習得していくものなんだろうけど…。こっちね、パンは自然の味でなかなか美味しいよ。値段も手ごろだしね。(でもバーニッツァ70ストティンキは高い方じゃないかなぁ。ブルガスは物価が高いようです)
ラキヤは果物を蒸留したお酒。こっち来たらいやと言うほど飲ませてあげるさ~~。でもみっちゃんはお隣ギリシャのウゾの方が好きみたい。これもまたスパイシーで美味しいよ~。
by: miyo | 2007/08/19 15:31 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。