スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ス トンビ

「いついつの土曜日の晩、お客に来れる~?」と優しいマルガリータが誘ってくれたので、二つ返事で「ダ~~!」。「ス トンビ!(とんびも一緒で!)」 とTOMBIも一緒に(公式に)誘ってくれた動物好きのマルガリータ。
彼女と私とは動物の好き度合いの波長が合う。二人で村で歩いていた時猫の家族見るたび、馬の親子見るたび、ロバが通り過ぎるたび、犬が幸せそうに寝ているのみるたび、二人で「きゃ~~~~」と頭の上から声出してしばし立ち止まってにや~…。似ているの。生粋のブルガリア人女性、こんなに動物好きは彼女のほかにはまだ知らない。

彼女とだんなさんのルーボのところにはチャラちゃんという黒猫がいるの。
でもこの子超シャイ。TOMBIといい勝負。そんなチャラとTOMBIのご対面シーン。最初の一瞬にご注目。

猫ぱ~んち(笑)以来絶対チャラには近づきませんでした。

さてお料理はこちら。
DSCN2598.jpg
鯉のフライ。じっくりじっくり丁寧に時間をかけて腰位の深さのパーム油で揚げていきます。奥はボブ(豆)とキセロゼレ(すっぱいキャベツ)のパプリカ風味の煮物。これまたおいしいの~
DSCN2580zadachapractice.jpg
真ん中が出来上がりの鯉。手前は自家製チュシキ(パプリカ)のマリネ。
DSCN2602chara.jpg
こちらはキセロゼレのサラダ。これにパプリカパウダーとオリーブオイルをかけていただきます。このキセロゼレ、ここのお宅では秋に50キロのキャベツを買って、100リットルの容器に塩と漬け込んだそうです。「キャベツ何個位?」と聞いたら「ムノ~ゴ(いっぱい)」だそうで。ベランダで保存してます。塩漬けキャベツはしばらくすると容器の中で発酵して酸味がでて保存が効きます。ちょうど漬物みたいな感じで日本人には馴染みのある味かと。美味しいですよ。栄養的にもグーみたいです。
鯉は初めて食べましたが臭みも全然なくて美味しかった。川魚だから臭いかな?と思い込んでいた。じ~っくり油で揚げるのがコツみたいです。

DSCN2601ganchan.jpg
ご夫婦、英語はゼロなので会話はブル語。当然通じない単語だらけなので辞書をひきひき。辛抱強くコミュニケーションを図ってくれて嬉しい。

あ、TOMBIがここのじゅうたんにうねうね反応(笑)この部屋に入った途端しばら~くやってました。

途中カメラ目線だし(笑)

優しい二人は自家製焼きパプリカの瓶詰め(大)とキセロゼレを丸一個おみやげに持たせてくれて。感謝~!帰り道、外はぐ~っと冷え込んでいたけれど、三匹は満たされた温かい気持ちで歩いて帰路についたのでした。

06:43 | Friends 友人 | comments (13) | edit | page top↑
霧氷 слана | top | ブルガリア式新年の迎え方

comments

# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2008/01/06 08:52 | URL [編集] | page top↑
# いれて~♪
私もマルガリータと美代ちゃんの動物大好きコンビの仲間入りがしたいですv-10動物がここに居るという事実だけでどんなに安らぐ事か・・・2人が感動したりため息ついたりしている様子が目に浮かびます。
それにしても、暖かな良い感じのお食事会だね。トンビも幸せそう!
幸せのおすそ分けをありがとう!!
by: kumiko | 2008/01/07 10:02 | URL [編集] | page top↑
# ゴストプリエムストボ
ガンチェビ家はいつもほんとにお客さんをもてなしてくれますよね。健康のことをいつも気を遣ってて、肉よりお魚、白パンよりミューズリー・・・ だから二人ともスリムで・・・(いいなあ)
キセロゼレは七味やおかかでホカホカご飯がすすみます。ヨーグルトと味噌でぬか漬けもどき、という手もありますよ。でも塩分の取りすぎには気をつけよう(笑)!
by: むうちえ | 2008/01/07 10:19 | URL [編集] | page top↑
# 鯉のフライですかー
動画づいてますね~、ブルガリアのPC環境は、よいのですか?
タイは、まだイマイチ、、、タイの問題なのか、私のPCのせいなのかは、わかりませんが、ちょっとプツプツですね。
でもTOMBIのごろにゃん姿は(猫じゃないか)、しっかり見られました!

鯉のフライ、お肉かと思いました。
鯉をフライにしちゃうのねぇ~、泥臭くないかと思ったけど、そうでもないんだー、水がきれいなのかなぁー、料理法がいいのかなー、じっくり揚げるのがコツですかー、他の料理も健康的でおいしそう!
いい人がいっぱいいますねー。
by: ☆青☆ | 2008/01/07 18:35 | URL [編集] | page top↑
#
★くみちゃん
入っておいで~~。一緒に頭のてっぺんから声だそ~(笑)。
今日は雪道が凍った道を馬が大人が4人も乗っかった荷台を引きながらツルッ、ツルッっと滑っていて思わず応援エールを送ってしまったよ。マルガリータがいたら絶対二人でかわいそがりながら最後まで見送ると思う。
言葉はあんまり通じないけどお二人の優しさが十分通じるお食事会でした。とんびも鯉もらってばくばく食べてましたし。
by: miyo | 2008/01/09 23:04 | URL [編集] | page top↑
#
★むうちえさま
題はどういう意味なんですかね?解説もつけてくださいな(笑)。
おぉ、そうでした、むうちえさんもこのお二人のところにお泊りしたことあったんでしたね。くつろげますよね。
キャベツってゼレだったんですね。ゼレンだと思い込んでいたんで、記事の間違えもしれ~っと訂正しておきました(笑)
ヨーグルトと味噌を混ぜたヌカ床ですか?ぬかみそのように長期利用可能なんですか?毎日混ぜるの?
本当、塩分取りすぎには要注意ですね。私も最近気をつけないと…と思っていたところです。

by: miyo | 2008/01/09 23:11 | URL [編集] | page top↑
#
★ ☆青☆さま
ブルガリアのネット環境…他は分からないですけど、都市部は不自由なく繋がる様です(もちろん最先端技術からは程遠そうですけど)。我が家はネットがライフラインなので相応のサービスをお願いしていますけど、それでも時々ぶっつり切れたりはします(笑)。タイの方が進んでいるんじゃないかと勝手に思ってますけど…。
それでもごろにゃんとんび、観れたのね~★ふだんはあんなことしないのよ、念のため言っとくと。普通に犬です。
鯉は食べやすかったですよ~。その他のお料理も健康的ですね~。ブルガリアも季節の素材を生かした料理が得意みたいです。(季節外の素材は店に存在しませんし)
by: miyo | 2008/01/09 23:21 | URL [編集] | page top↑
#
とんちゃん、初猫パンチだった??笑
でも、じゅうたんのうえではすっかり気持ちよさそうだね。

ブルガリアの料理、いつもおいしそう♪
miyoちゃんも時々作ることがあるのかな??
辞書を引きながらだとはいえ、ずっとブルガリア語なんてすごい~~

それからおうちの窓がかわいいね♪







by: oc | 2008/01/10 14:17 | URL [編集] | page top↑
#
こんにちは☆お久しぶりです!

すっかりブルガリアの地に慣れ、楽しまれていらっしゃるようで良かったです。
とんび君も元気そうですね。

我が家はスペインでの初めの1年ビックリが沢山であっというまに過ぎてしまいました。。
3年経ってもスペイン語もまだまだですし、、あまり進歩していません(~_~;)

キセロゼレは丁度白菜漬けみたいな感じでしょうか??
鯉はこちらのお魚屋さんでも大きなものがよく出ています。
が、、、試した事はないです、、
調理の仕方によって美味しくいただけるのですね。
by: rudy-love-111 | 2008/01/10 15:30 | URL [編集] | page top↑
# ホスピタリティー
ゴスティ(客)をムリエメ(受け入れる)だから・・・ ゴストプリエムストボ=もてなしの精神、ということですね。
キセロゼレもいいけど、トルシヤという、以前のサッカーの監督のような名前のピクルスも、これも極ウマですよ!! ヨーグルト味噌のぬか床はかき混ぜなくてもいいんだけど1,2回で終わり(だと思います)。この前はカレーに入れて処分(!)しました・・・
by: むうちえ | 2008/01/10 21:21 | URL [編集] | page top↑
#
★OCちゃん
そうそう、とんび初の猫パンチです。でも正確にはこの映像ではまだ当たってないよ。ちゃらちゃんも『警告』したまで。本気猫ぱんちが当たったら多分流血事件じゃないかな…。
じゅうたんはよっぽど気になる香だったんだね。耳のウラにごしごしこすりつけてさ~…。ブルガリア料理は食べた後に作ってみることが多いよ。大抵その通りには行かないんだけどね(汗)。豆も薪ストーブでことこと煮て真似してみたよ。これはなかなかグーでした。
ホントだ、窓かわいいね。こっちはこういうスタイルの窓が多いかな。二重ガラスでなかなか機密性が高くて外気をシャットアウトします。
by: miyo | 2008/01/12 11:22 | URL [編集] | page top↑
#
★rudy-love-111さま
コメありがとうございます☆
最初の一年、やはり驚きの連続だったのですね。3年暮らしていると慣れてきて楽しめる余裕もでるのでしょうか。私はまだまだです…。
白菜の漬物は浅漬けしか食べたことないので分からないうですが、酢キャベツは塩気が強く発酵臭がします。火を通すと旨みに変わるのでしょう。こっちの人はこれでロールキャベツを作ります。鯉は多めの油でじっくり揚げるのが臭みを取るこつなようです。身が柔らかくて食べやすかったですよ。
by: miyo | 2008/01/12 11:34 | URL [編集] | page top↑
#
★むうちえさま
言葉の解説ありがとうございます~。ためになります。
トルシヤってまだ聞いたことも見たこともないです。何ですか??どんな形状?
ヨーグルト味噌のカレーですか~!う~む、味の想像を超えている…。色々チャレンジャーですごいですよね、むうちえさん。私はかなり保守派なようです…。
by: miyo | 2008/01/12 11:37 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。