スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

シャンパーヌ地方のプチシャトー

ストラスブールを後にして、今度は一気にパリ方面に戻ります。でも帰りのストレッチがちょっと長いので中間地点で一泊。初のシャトー滞在です。といってもプチシャトーですけど、初の四つ★ホテル滞在です。わくわく。(すみません、今回長いですので適当に流してください)

今回選んだのはシャンペン地方の少し外れにある小さな村Sainte-preuveにあるChateau De Bariveという所。滞在した人達の評価がとても高かったのとシャトーなのにお手ごろ価格なのが魅力でした。ディナーもすばらしいとの評価で楽しみ。
DSC_0577chateau.jpg
高速道路を出るとこんな地平線の見える畑の一本道を走り抜けます。フランス広いぞ。土地あるぞ。
DSC_0587chateau.jpg
周りに何も無い静か~~~な環境の中にありました。
DSC_0586chateau.jpg
門を入るとシンメトリーなお庭にお屋敷。

チェックインすると暖炉に火が入ったとても雰囲気のいいロビーで「まずはお好きな所に座ってください。ウェルカムドリンクをお持ちします」と。生絞りジュースをいただいている間に、荷物がお部屋に運ばれていました。いつもエコノミーコースなのでこんな対応のホテルは初めてだったりします。それだけでわくわく~♪
DSC_0628chateau.jpg
こんな廊下を抜けて部屋に案内されます。
DSC_0579chateau.jpg
お部屋。う~ん、くつろげそう!バスルームも広々で、シャワー室とバスタブが別々になってます。
DSC_0580chateau.jpg
部屋からの眺め。
ここまでの長い移動中、昨日のお腹下しの後だったし、ず~っと静かに私の膝の上で丸まって寝てきたTOMBI。ここに着いたらとても元気になっていて、TOMBIはここがとても気に入った模様(シャトー好き犬)。明らかにはしゃいでいるのが分かるのですよ~。車も来ない人もいない静かな環境なのでオフリードでシャトー周りを散策しました。
DSC_0585chateau.jpg
腸の調子も戻った!(失礼!)
DSC_0612chateau.jpg

DSC_0606chateau.jpg

DSC_0592chateau.jpg

DSC_0588chateau.jpg

DSC_0624chateau.jpg
元気復活!裏庭を走りまわります。
DSC_0626chateau.jpg

DSC_0618chateau.jpg
館内一角にいたテディベアちゃん。似たもの同士(笑)

ディナー予約の時間まで部屋に戻ってゆ~~っくりお風呂に漬かったりしてのんびりし。
DSC_0640chateau.jpg
庭に面した大きなサンルームがレストランに。落ち着く空間。
実はこの旅で先にも後にも唯一の本場フランス料理フルコースをいただく日。ここは思い切ってお肉とお魚両方のコースに。ワインは店の方でその料理に一番あったワインを出してくれる、という、グラスワイン4杯おまかせコース!気合です!
DSC_0630chateau.jpg
のっけのスープからやられました。脇にそえてあったチーズのフライもトロ~。アペタイザーは私はウサギのテリーヌ、オットは鱈とビートの一品。それぞれに合わせた違う白ワインが供され。
DSC_0634chateau.jpg
メインの魚は鮫。スモールシャーク…と説明がありましたので。筋肉~って感じで歯ごたえがとてもよくて美味しかったです。シャンパンソースと絶妙。
DSC_0635chateau.jpg
分かりづらいけどお肉のメインのビーフの一品。あぁぁ、どのワインも最高なのでして。この(ワイン)コースにして大正解。(しかもボトル頼むよりお得だし)。後は写真がぶれぶれなのでなし。いやぁ、すばらしいディナーでした。

レストランはワンコ禁止だったので部屋で留守番犬。私たちが部屋に戻るとドアを開けると同時に椅子から飛び降りて明らかに隠れようとしたTOMBI。そして入ってきたのが私たちだと確認するなり狂ったように喜んでました。隠れようとするなんて初めてだったので??と思っていたら…。ベッドがアレンジされてクッキーとお休みなさいカードが添えられていたのです。留守中スタッフが入ったんだ…。いきなり知らない人が部屋に入ってきてTOMBIきっと相当怖かっただろうな。かわいそうに。でもちょっと想像して笑ってしまいましたが。ベッドにおいてあるクッキーも一切手をつけてないし。怖くてベッドには近づかなかった模様。
DSC_0645chateauijikeken.jpg
知らない人が来てボクちゃん、怖かったのよ。
DSC_0660chateauboss.jpg
朝は雨模様だったので館内でゆっくり過しました。ここの存在感満点猫。いいなぁ、こんなステキな環境で自由に暮らせて…。私もここの猫になりたい…。
DSC_0662chateauboss2.jpg
もういっぴきの猫。二匹とも栄養豊か、TOMBIより大きいです。
DSC_0651chateaubreakfast.jpg
朝ごはん。全てとても美味しかったですが、中でも瓶に入ったヨーグルトとクリームの合いの子のようなこっくりバニラクリームが…目を見開く美味しさでした。あれ、なんていう食べ物なんだろう…。
DSC_0650chateaucafeaulait.jpg
フランスではカフェオレがやはり美味しい。
DSC_0665chateauboss2.jpg
ボクちゃんもここに住んでいいですか?(お城住まい希望犬)

長いフランスレポもこれで終わりです。
お付き合いありがとうございました。
これからは東欧の景色に戻りまっす(笑)。


05:22 | France フランス | comments (12) | edit | page top↑
マハラ地区 | top | ストラスブール

comments

# すご~~い!
すごい~~全部が素敵すぎる!!こんなところで1日過ごしてみたいよぉ♪
あ、お部屋の写真でよく見ると鏡に誰かが映っている、笑。
ワインコースのディナーもいいね~~

とんちゃん、知らない人が入ってきて怖かったね~そんな経験初めて(?)だったんじゃない??とんちゃんもいろんなことを経験したフランス旅行だったね、笑。

ゆっくりできてほんとに良かったねv-238
by: oc | 2008/03/10 05:44 | URL [編集] | page top↑
# フランス人?
さすが、TOMBIはフランス人!(いや、フランス犬?)。フランスの風景にしっくりと溶け込んでますね・・・ たとえば東京・台東区(雷門前)にたたずんでるより似合う・・・
by: むうちえ | 2008/03/10 09:59 | URL [編集] | page top↑
#
う~ん!楽しい旅行記でした!
どの町も個性があって、おしゃれで可愛くて、もっと写真見たいくらいだったよ。
最後のお城みたいなホテルも最高!ほんとあんな所で過ごしてみたい・・・・良い旅の締めを飾ったね。美代ちゃん ツアーとか計画するお仕事したらいいんじゃないかと思うよ、本気で。
トンビも最後は元気になり、とんちゃんがえぃ~~と力入れてる写真見てヒースン結構笑ってました。最近では トンビ飼いたい と言い出している!!
また気分を入れ替えて ブルガスで頑張ってください。
by: Makkon | 2008/03/11 04:52 | URL [編集] | page top↑
#
★OCちゃん
うんうん、私も初めてのシャトーだったけど、格式高そうで居心地よくてとてもくつろげたよ。なによりTOMBIがくつろぎまくっているのがおかしかったよ。たった一泊だったのがとんびに悪かった?(笑)
コース料理いただいて、フランスって、やっぱり奥が深いなぁと思いました。どこかの国ではありえない繊細さ(笑)。いい気分転換になりました。最後までお付き合いありがとうね~
by: miyo | 2008/03/12 18:51 | URL [編集] | page top↑
#
★むうちえさま
そういってもらうと飼い主なんだか嬉しいです。フランス人(犬)もなかなかフランスは気に入った??かな?。ブルガリア人はTOMBIを見るとにこ~~っと微笑んだり赤ちゃん連れの親は必ず(!)「ほら、ワンちゃんだよ、ばうわう」と赤ちゃんにTOMBIを指差して見せたり、子供は「はぴり?(噛みますか?)」と言って近づいて来たりと、犬に積極的に関わろうとする国民だけど、フランス人はそういう人はほとんどいなかった…のが意外でした。フランス人にとっては犬はそこにいて当たり前のもの、みたいな感じで。お国違えば…対応も随分違うものですね。

あぁ、浅草…TOMBIは似合わないかもしれないけど、飼い主は似合うから~(笑)行きたいです。
by: miyo | 2008/03/12 18:57 | URL [編集] | page top↑
#
★Makkonへ
今回の旅行は準備期間が短かったから行き先や滞在先決めるのにちょっと苦労したけど、行ってみたらどこもステキだったからよかったよ。シャトーは一泊はしてみたいと思っていたけど、行って本当によかったと思ってるよ。お勧め~。調べて分かったけどさすが貴族の国、各地にシャトーが沢山あるの。超格式高いのから今回のみたいなプチシャトーまで様々。
ヒースン、TOMBIが飼いたいの?(笑)う、嬉しい言葉だけど、ダメさ~(笑)
気分入れ替えてまた東欧で頑張るさ~。Makkonもガンバって~。
by: miyo | 2008/03/12 19:07 | URL [編集] | page top↑
#
あ~、楽しかった! フランスレポ、ありがとう! 
なんだか自分が行って来たような気分の充実感・・・!?
1枚1枚が絵葉書のよ~でいい目の肥やし・・・じゃない、保養になりました。
自分が行っても同じようには撮れないだろうなぁ~、技術もだけど、感性が違うのよね、DNAは共通してるはずなのになぁ~。
パリもいいけど、田舎の素朴さがなんともいいですよね。
by: ☆青☆ | 2008/03/16 17:59 | URL [編集] | page top↑
# ちょっと、ちょっと~~
ちょっとステキすぎるじゃない!
夢見心地になれそうなところへきて、しかも、愛犬といっしょなんて最高だね!
やっぱりみよちゃんのリサーチ力はすごいよね。いつもびっくりさせられます。

おいしそうだし、こんなプチシャトーに行ってみたい。覚えておきます。イヒ

シャトー犬もかわいいね!早くぽぴすけに会わせたいぞ!とんびくんどこ行っても絵になるね。
by: TOMBI | 2008/03/17 02:33 | URL [編集] | page top↑
#
シャトーの滞在はきっとステキな思い出になったでしょうね。
そして、このシャトーお庭がもの凄くステキ!
食事も美味しそうだね~料理に合わせたワインがでてくるコースって凄くステキだね。
私達は、日程的には美代ちゃん達よりのんびりペースだったにもかかわらず(殆どパリにいたので)最後の方にチョッと遠出してシャンパーニュ地方で泊まったシャトーでは体調が優れずワインを堪能しながら夕食を楽しむ余裕がなかったのが悔やまれます。
トンビと一緒に行けたのも良かったね~。私たちの隣の部屋のドイツ人の老夫婦もやっぱり愛犬を2匹連れてきていて私達が部屋の前を通るたびにドアの下の隙間からかわいい鼻息が聞こえていました。それを聞きながらチャーリーが一緒だったらどんなに良いだろう・・・って思ったよ。
や~、幸せな旅行記楽しませてもらいました。
また、いつか会えたと時、残りの写真と一緒にいろいろ聞かせてね~
by: kumiko | 2008/03/17 05:18 | URL [編集] | page top↑
#
★ ☆青☆さま
長いレポ、最後までお付き合いありがとうございました~。
今回の写真は半分orそれ以上はオットによるものでした~。私は常にTOMBIのおもりで思ったほど撮れませんでした。でもオットが沢山いい写真撮ってくれたので満足です。
私たちは断然都市より田舎派です。ゆったりした景色の中のんびりするのが好きで~す。だから、周りは熟年夫婦ばかりの所が多い…。
by: miyo | 2008/03/20 21:11 | URL [編集] | page top↑
#
★TOMBIちゃん(人間)
シャトーはかなりお勧めだよ~。フランスの田舎あちこちにあるから絞るのに苦労したけど、予算に見合ったいいところ見つけれてよかったよ。フランスは犬との旅が気を使わなくてよくて楽チンでした。TOMBIちゃんが言ってたみたく皆犬がいて当たり前な感じで。日本も早くそうなるといいのにね~。
ポピ子とTOMBIのデートはいつどこになるやらね~。うきき。
by: miyo | 2008/03/20 21:16 | URL [編集] | page top↑
#
★くみちゃん
シャトーってアイディア自体はくみちゃん達が教えてくれたんだよね~。あの時以来、フランス行ったらシャト~と頭に残っていてね。本当は本格お城なシャトーを狙っていたんだけど、今回みたいなプチシャトーも気楽でとても良かったよ。くみちゃんシャトーで体調悪かったのは残念だったね。またいつか是非リベンジを。今度はチャーリーとシャトー!?
愛犬と旅行できるっていいものだね。って、TOMBIにとっては大変以外のほかならない感じだったろうけど(笑)。まだ若いから平気でしょう…ってことで強引に。
by: miyo | 2008/03/20 21:25 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。