スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ブカレストへ

週末、こんな感じのごきげん道路を走ってブルガスからブルガリアを北へ縦断し…
DSCN2851romaniaway.jpg
目指したのはルーマニアのブカレスト。在日ルーマニア人の友人の一時帰国に合わせて彼女に会いに行ってきました。
DSCN2857romaniaway.jpg
国境越えの都市、ルセで。
DSCN2866romania.jpg
ドナウ川にかかる大きな橋を渡るとそこはルーマニアです。橋の渡り賃、普通車16レバ。
DSCN2870romania.jpg
入管。
DSCN2871romania.jpg
車の窓からパスポートとリチナカルタを係員に渡して待つこと数分。ブル出国とルー入国が一気にあっさり終了。行く前にあんなに気にして万事準備しておいた車の所有者証明、犬の健康証明、ち~っとも必要なく。

2007年1月からブルガリアとルーマニア同時にEUに加盟しました。それでかなり興味がありました、ルーマニア首都の様子。
DSCN2878romania.jpg
同じ元共産圏。確かに共産ブロックありました。でもね、共有部分には綺麗にフェンスが張られていたり、緑の植え込みが全体的に整えられていたり街路樹が豊か…しっかり整備されている道路といい歩道といい、完敗でした(笑)。
DSCN2874romania.jpg
ここも野犬はいました。でも多分ソフィアほど多くなく。この写真のご一行は家族らしい(こんな集団はここでしか見ませんでした)。お父さん犬、お母さん犬に育ち盛りの仔犬4匹。皆連なってお父さんにわ~~~いと着いて走っている、その様子の陽気なこと。
DSCN2891romania.jpg
滞在ホテルのレストランでママになった友人との再会を喜びました。赤ちゃんLちゃん、かわいすぎでした。写真では見ていたけど、実物に会えて嬉し~~!!
↑はルーマニア料理のトキトゥーラ。こっちはポレンタを食べるのですね~。美味。
DSCN2905romania.jpg
翌日友人と彼女の友人が二人で市内を案内してくれました。これは地下鉄のプラットフォーム。
DSCN2930romania.jpg
きちんと整備された地下鉄。パリのより断然綺麗。
DSCN2910romania.jpg
まず目指したのは統一大通り。噴水が豊かな広場が見えます。そして背後には…
DSCN2911romania.jpg
じゃ~ん。国民の館。故チャウシェスク大統領が作らせた巨大な宮殿。
DSCN2916romania.jpg
ブカレストは緑が豊か。美しく整えられた大きな公園も街のあちこちにある。
DSCN2917romania.jpg
TOMBI in Bucharest.
DSCN2914romania.jpg
国民の館。この週NATOの会議が開催されていたらしい。
DSCN2926romania.jpg
綺麗な公園の一角に作られた農村博物館で。ルーマニア各地の家が展示されていて。スタイルがそれぞれで興味深い。
DSCN2927romania.jpg
半地下型家屋。
DSCN2928romania.jpg
息をのむほど美しい刺繍の数々。ヒラリークリントンが尋ねて来たときの新聞の記事を嬉しそうに見せてくれたおばさん。
DSCN2932romania.jpg
普通に住宅街にある一角。みんなのんびりしています。
DSCN2934romania.jpg
バスから見た花。あちこちに花があふれてました。
友人のお陰で短い滞在でブカレストを堪能しました。聞いてはいたけれどルーマニア人は周辺国とは違う民族。周りの国家はスラブ系なのにここだけラテン系なのです。不思議。言語もイタリア語のような響きがあり。そして人々は気さくで暖かくて笑顔が美しい。是非また来たい、と思わせるそんな街でした。

19:14 | Traveling 旅行 | comments (13) | edit | page top↑
ライラック | top | 春の訪れ

comments

#
クリーンな街、ブカレスト。
by: R | 2008/04/08 02:41 | URL [編集] | page top↑
# へえ~
ルーマニアって結構きれいな国なんだね~ちょっと、予想外でした。
写真見てたら、ルーマニアにも行ってみたくなりました。それにしても、野良犬ちゃん達の家族かわいいね~♪ワンコ達は世界共通でみんなかわいい!!大好きです!!
by: kumiko | 2008/04/08 07:58 | URL [編集] | page top↑
#
★R君
「ごきげんな道」って言葉の言い出し人R君の事、ごきげんな道走りながら二人で思い出しとったよ。
そもそもこの言葉使ったのはA溝からY山に抜ける崖の向こうの道だったよね。あぁ、懐かしい。
by: miyo | 2008/04/09 18:40 | URL [編集] | page top↑
#
★kumiちゃん
うんうん。ブカレスト綺麗だったよ。特に今の季節は新緑が街にあふれて綺麗綺麗。私たちは最初ソフィアとの比較眼で見ちゃっていたけど、もう普通に綺麗だった…。
ワンコ家族は見ていておかしかったよ。父さんの一声で子供達がわ~~~い、父ちゃん~ってな感じで嬉しそうに付いて走って、ほのぼの。
by: miyo | 2008/04/09 19:15 | URL [編集] | page top↑
# 刺繍ブラウス
こんにちわ!
ルーマニアですか、美人が多そう(勝手なイメージ笑)
今回は刺繍ブラウスに食ついてしまいました。かわいい~!!
私は古着で北欧やアメリカ、カナダのビンテージワンピースを集めていますが、刺繍ブラウスもよくありますよ。
ブルガリアでも蚤の市とかフリマはあるのですか?共産時代香るクラッシクなワンピースとかあるのでしょうか?
思い切り自分の嗜好の質問ですみません(^^)
by: れいごん | 2008/04/11 03:15 | URL [編集] | page top↑
#
先日、知り合いが出張でルーマニアに行って来て、その話を聞きながら、みんな「コマネチ」とか「フランケンシュタイン」とか「チャウシェスク」とか、できる限りの知恵を絞ってその程度か・・・みたいな。
その知り合い曰く、美人さんがいっぱいだったそうですが。

車でススーッと国境を渡れちゃうっていうのは、なんかすごいなー。
ちょっと週末隣の国へってできちゃうんですね、、、にしても、位置関係がいまいち頭に入ってないから、地図確認してみよっと。
by: ☆青☆ | 2008/04/11 05:33 | URL [編集] | page top↑
#
★れいごんちゃん
ルーマニア、美人めちゃ多かったです、でもブルガリアはもっと多いで~~す(えっへん)←きっと本当。
刺繍ブラウス、とても細かい丁寧な作りでかなり欲しかったです。れいごんちゃん、各国の古着集めているなんて、楽しそう。よくそういうお店があるね。ブルガスでは今のところ蚤の市、フリマの話は聞いたことないかなぁ。共産時代の服というよりは、民族衣装は割とみやげ物屋等で見かけます。お祭りの時とか赤系でエプロンみたいなのつけてくるくる民族舞踊を踊るんよ。かわいいよ♪
by: miyo | 2008/04/16 21:29 | URL [編集] | page top↑
#
★ ☆青☆さま
そうそう!私もルーマニアといって思い浮かぶものが同じ感じでした。ちなみにフランケンじゃなくてドラキュラだと思うけど(笑)
ルーマニア、美人さん多かったですよ。でもブルガリアもまた多いのですよ~。美人度平均値が高すぎです。
我が家はどちらかというとトルコやギリシャが近いところに位置しています。まだどちらも足を踏み入れてませんが、いずれ車で…ともくろんでま
~す。
by: miyo | 2008/04/16 21:37 | URL [編集] | page top↑
# あっ、そうだ、ドラキュラだ!
実は、みんながドラキュラ、ドラキュラっていうんだけど、私は「???」だったんだよね、本も映画も見てないし、全然、ルーマニアと結びついてなかったのよ、、、いつの間にか頭の中でフランケンになっちゃってたのね、あんま区別ついてないってことか・・・。

そういえばブルガリアも美人の国よねー、ルーマニアといい勝負か、コマネチVSパノバ(新体操の女王)(←かなり古い)、たしかにハイレベルだわね。
美人さんぶりもスタイルも、miyoちゃん、負けてないじゃん?
by: ☆青☆ | 2008/04/23 09:54 | URL [編集] | page top↑
#
「ごきげんな道」なつかしす。こないだ通りました。
by: R | 2008/04/25 08:32 | URL [編集] | page top↑
#
★ ☆青☆さま
あはは。まぁ、どっちも妖怪伝説で並んで出てくる話だもんね。でもドラキュラは実在の人物らしいけど。別に血は吸わないけど、というかもっと怖い名前で知られているし。
バノバっていう選手がいたんだ。コマネチは知っているんだけど・・・。美人の国ブルガリア・・・その調子でお国も美しくな~~れ。
私?スタイル?おほほほ 。新体操でもして鍛えあげんと(涙)
by: miyo | 2008/04/28 17:15 | URL [編集] | page top↑
# 意外です!!
あのぉ、ものすごくマニアックかもしれないけど「マスターキートン」という漫画をご存知の方。
あれはちょっと昔の話だけど、私の頭の中には、ルーマニア=独裁者チャウシェスク=チャウシェスクの子供たち=チャウシェスクの隠し財産=グレーの影を背負った国。
こんなイメージでしたもので。
きれいで楽しそうな国でなぜかホットいたしました~。
by: 京子 | 2008/05/10 19:21 | URL [編集] | page top↑
#
★京ちゃん
マスターキートン知らないのでコメントできなくてごめんね。でもきっとチャウシェスクの時代は辛く暗い時代だったことでしょう。でもここの国民はラテンの血が色濃いので前向きというか楽観的な要素が強いんでしょうかね。国民上げて独裁者を処刑するというとんでもない革命を起こしたんですもんね。強し。
by: miyo | 2008/05/26 21:33 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。